効率の良い仕事

私のタイムカードを見ると、終わりの時間がすべて1桁台です。
時間通りにキッチリ上がっているからです。ちなみに、時給制ではありません。

最初はあまり早くばかりかえるのも悪いかな、と思ったのですが、やることは終わらせているし、必須なことにプラスでなにかをやっているときもあるので問題はありません。だらだら残っていても仕方ないですしね。

シフト制で帰る時間もバラバラなので、そんなに人と比べて早いというのはないし、あまり気になりません。

でもなんか日本には長く仕事をした方が偉いような風潮がありますよね。

家を大事にして定時に帰る、とかやる気ないのかと思われがちです。

でも本当は時間内に終わらせないでダラダラ仕事をする方がやる気ないのかと思います。

まあ仕事上などどうしても仕方が無い場合もありますが、ダラダラやっているせいで帰りが遅いというのはあると思います。

私も昔は残業の多い仕事をしていましだか、やはり定時をすぎると仕事の効率が下がると思います。

集中力だって、そんなに長くは続きませんしね。

そのときも他の人よりは早めに帰ることが多かったかもしれません。

ただ、仕事がたまっているときは、朝1時間早くいって仕事をしていました。

1時間早いと社内からも社外からも連絡がないので、まるまる1時間自分の仕事に充てられて、効率よく仕事ができました。

何時間働いたかではなく、どういう仕事をしたのか、きちんと評価する会社が増えて欲しいと思います。

Amazonの速報
Amazonで役立つ情報サイト。日常にアマゾンを利用している方に役に立ちそうな情報を紹介。通販を使うならAmazonです。
2han-a.site/
関連サイト:world-a.site

«