お年玉はプレゼントで

お正月に親戚の子どもに会いました。
正月に子どもに会うとお年玉をあげなくてはいけませんよね。

甥とか姪なら仕方ないかもしれませんが、ちょっと遠い親戚だと余計に子どもにお金をあげることに抵抗があります。


自分もそうでしたが小さい子はお金の価値がちゃんと分からないですしね。

その子どもたちは5歳と7歳でまだ小さかったので、その子達の好きなキャラクターグッズにお菓子をつめてあげました。
それでも喜んでくれましたよ。

前にいとこにお年玉をあげなきゃいけなかったときも、お金ではなくて洋服などを買ってあげました。

プレゼントをするのはなにをあげたら喜ぶかなー、というあげるたのしみもあって好きなのですが、お金だとなにも面白くなくて、お金が減るからやだなという感情だけ残ります。

また、5千円とか1万円とかまとまった金額をあげられるならいいんですが、1000円、2000円では情けないというか、せっかくあげたのにちょっとしかくれなかったと思われるのもシャクなので(笑)

はっきり金額の分からないものにしています。

私自身が今思えば、みんななけなしのお金をくれたのに、叔父さんからもらったお年玉が少なかったらしつこく覚えている嫌な子どもだったので。

そんな風に思われたくないと思ってしまうのも強いです(笑)

でももらったお年玉の袋はずっと大事にとっていて、今も実家にあるはずです。

袋も結構重要で、好きなキャラクターだと嬉しかったのを覚えています。

自慢の筆文字表札
お客様のオリジナル表札もお問い合わせください
www.hyousatsu.co.jp/

«
»