最近の歌詞

私は昔から歌が好きです。
曲調ももちろんですが、一番の決め手は歌詞です。
ほとんど歌詞で選んでいます。
というか、歌を聴くと歌詞が頭に入ってきますね。

「最近の○○は~」というのはあまり好きではないですが、
最近の歌詞は、なんか、私でも書けそうと思ってしまいます。
なんか、日記みたいな歌詞が多くて
比ゆとか詩的な表現が少なくて
誰もが理解できる内容が多いですね。
だから、お店などで聞いていてもするっと頭に入ってきてしまい、
余計に変な歌詞だと思ってしまう。
友達にその話をしたところ、
耳障りの良い言葉ばかりで全部頭にはいってしまうようにできているよね
といわれました。
たしかに、納得です。
それでも若者はこの歌詞がよいといっているのが心配になっちゃいますよ。
今でも活躍しているアーチストが昔の曲を歌っていました。
(その人たちは今の歌詞もよいですけど)
昔といっても90年代くらいです。
歌詞をまじまじとみたら、やっぱりすごいと思いました。
その人にしか書けない独特の歌詞なんですよね。
「わー、やっぱりすごい!」と思いました。
90年代はそういう人ばかりだったと思います。
独特なのでその歌詞のすべてを理解できているとは思わないんですが
それもまたいいなと思います。
それからちょっとするとなんか歌詞が重い時期もありますね。
2000年前後の歌をカラオケで歌うと
「なんか、いい歌だけど重い!!」と思いました。
あの頃は若かったからそれを聞いていたけれど
今初めて聞いたら重過ぎると思ったんじゃないかなと思いますね。
歌の歌詞も色々あるけど私は90年代のちょっと分かりにくい歌詞がやっぱり好きです。

«
»